Q.01037(15回答)

【「津田大介 日本にプラス」連動企画】『人質司法』は解消されたと思う?

日本の刑事司法では、被疑者が自白せず、否認した場合、長期勾留によって肉体的、精神的に追い込み、自白を迫るやり方がみられました。[*1]「人質司法」と呼ばれるものです。勾留請求するのは検察ですが、それを認めるのは裁判所なので、裁判所も「人質司法」に加担しているとして、国際的な批判も受けてきました。最高裁も「人質司法」へ取り組みを始めたとされ、2006年頃から勾留請求却下率が上昇し、2005年に0.47%[*2]だった却下率は、2015年は2.62%[*3]となりました。そこで、あなたは「人質司法」は解消されたと思いますか。

関連リンク:

投票する

投票する

人気の回答

広告

回答一覧(15票)

ロード中...