Q.01033(29回答)

【「津田大介 日本にプラス」連動企画】「男性育休取得率を2020年度に13%」は実現できると思う?

厚生労働省が発表した、2015年度の男性の育休取得率は2.65%で1996年度の統計開始以来、過去最高の数字となりました[*1]。しかし、一方、欧米の男性育休取得率は、米国14%、スウェーデン36%など日本がはるかに及ばない数字です。そうしたこともあり、日本政府は、男性の育休取得率を2020年度に13%とする目標を掲げています[*2]
そこで、あなたは「男性育休取得率を2020年度に13%」は実現できると思いますか?

関連リンク:

投票する

投票する

人気の回答

広告

回答一覧(29票)

ロード中...